2018年3月5日月曜日

入力・タッチタイピング考


タッチタイピングの効果

現在受講中の2名は共にパソコン基礎から学ばれ、Word基礎、Excel基礎と進んでいる最中です。タイピングソフトを使って家で練習をしている方は特に上達がめざましく、入力がかなり早くなりました。おかげで、入力以外の操作習得に集中できているようです。

入力が手間取り誤字脱字に気を取られていると、その作業に嫌気が差して文書作成自体の進捗にも大きく影響します。この方を見ていると、あらためてキーボード入力はパソコン操作の基本であることを実感します。
 

入力がだいじなわけ

例えばWord文書の作成ですが、レイアウトや書式設定、図形の挿入などは中盤以降の作業で、まずはひたすらテキスト入力です。もちろんレイアウトの段階になって加筆・修正などの必要は出てくると思いますが、それをやるにも最初の内容(テキスト)がなければ始まりません。

このように文書作成で大部分の時間を費やす入力作業は、出来るだけ楽に行いたいですよね。よく、片手だけでキーを叩いている人を見かけますが、これでは入力のスピードのみならず、体の片方だけ使うので疲れてしまいます。疲れると誤字脱字も多くなります。両手をバランスよく使うタッチタイピングは、長時間の入力にも威力を発揮します。

タッチタイピングが出来ていないにもかかわらず取り組もうとしない人の多くは、そのような長時間、長文の入力の必要をあまり感じてこなかった人なのだと思います。 しかし、事務職で就職し、締め切り時間がある中である程度の入力をこなすためには、やはりタッチタイピングは必要です。

そしてタッチタイピングをマスターするには、地道にコツコツ練習するしかない。最初はしかたなくでもいいから、毎日5分10分練習してみる。そうしてタッチタイピングが出来るようになって、あらためて入力作業をしてみると、その効果はパソコン作業のあらゆるところに現れてくることに気づくでしょう。

教室で好評なのはこのタイピングソフト。ご参考に。


(CD-ROM付)美タイピング完全マスター練習帳 Windows 10/8.1/8/7/Vista対応 – 2017/3/3 隅野貴裕 (監修)  ¥ 950 

ネット環境が整っている方はオンラインで出来るe-タイピングもぜひお試しください。

ショートカットキーを使いこなそう

もう一つ、入力作業の効率化に役立つものにショートカットキーがあります。みなさんはどんなショートカットをご存じですか?

CTRL+C ・・・コピー
CTRL+V ・・・貼り付け
CTRL+X ・・・切り取り

これらはよく使われているもので、WindowsもMacも同じです。

特にExcelは数字の入力に集中してくると、マウス操作がだんだんわずらわしくなってきます。ショートカットキーをうまく使って作業を楽に進めたいですね。

講師が覚えてよく使っているのは、ALT+↓  と CTRL+PageDown(UP)
何ができるかは、下記リンクで調べてみて下さいね。

参考:Excel for Windows のショートカット キー


たかが入力、されど入力

タッチタイピングをマスターしたり、ショートカットキーを覚えたり、というのは最初はとてもおっくうなものですが、慣れてくると、もうその操作自体気にならなくなります。つまり、操作に頭を使わない分、文章を考えたり集計を組み立てたりという、文書作成本来の目的に集中できるのです。

パソコンは道具です。操作に振り回される段階から、使いこなす段階にステップアップした時、みなさんのクリエイティビティ(創造性)が遺憾なく発揮されることを願ってやみません。

ハッピーパソコン教室では、タッチタイピングだけのレッスンも大歓迎。フリータイムまたは個人レッスンで承ります。詳しくはお気軽にご相談ください。

  >> ハッピーパソコン教室ホームページへ








2018年2月18日日曜日

MOS受験対策

パソコンと履歴書

履歴書に書ける資格、MOS(Microsoft Office Specialist)取得を目指しませんか

4月からの就職活動に合わせ、パソコン学習を始める方もいらっしゃると思います。もちろん、パソコン教室や自己学習で基本操作を身につければ、一般事務に必要なパソコンスキルは十分です。ただ、自己申告で「Wordが使えます」「Excelが使えます」と言っても、具体的にどのレベルまで使えるのか、採用担当者にはよく分かりません。

パソコン資格には様々なものがありますが、中でも書類選考においてアピール度が高いのがMOS(Microsoft Office Specialist)です。MOSはWordやExcelなどのOfficeアプリケーションソフトを開発・販売しているメーカー、Microsoft社が認定する民間資格です。今やMicrosoft Officeは一般企業の事務仕事で圧倒的なシェアを占めるブランドであり、その名を知らない人はいないでしょう。またMicrosoft Officeは商品名であり、他のパソコン資格ではこの商品名を名乗ることができません。

ですので、履歴書の資格欄に「Word」「Excel」と書ける唯一の資格がMOSなのです。
 

MOS受験対策のメリット

 このように就活に有利に働く可能性のあるMOS資格ですが、それ以外にも受験対策に取り組むメリットが多いと、講師は考えています。それは、試験のスタイルです。MOSの試験方法が、Office2013から大きく変わりました。それ以前のバージョンで採用されていたアプリケーション機能の個々のパーツについての知識を問う形式から、実務に近い課題を与えられてそれを完成していくというタスク方式に変わったのです。

先日、他社の企業研修でOffice最新バージョン2016でのMOS受験対策講座に行き、サブ講師としてお仕事をしました。受講生をよく観察していると、一つひとつの機能について丸覚えしようとする人と、作成する文書の使用目的を踏まえた完成形を頭に描ける人では、ずいぶんと理解度がちがうなあと感じる場面が多くありました。

このMOSの新しい試験形式は、設問を読んで、文書を完成させるためにどの機能を選択しなければならないのか、 その文書の完成した姿はどのようなものかを短時間で把握できる能力が求められています。ですので、この試験に合格するレベルまで学習を進めれば、実務能力もおのずと身についてくる、というわけです。

集中力を発揮する訓練

 家事育児に忙しい女性のみなさんは、試験勉強にしても、それ以外のパソコン学習にしても集中する時間を取りにくいことは、講師も十分承知しています。しかし、そのような制約の中で短時間でも集中して学習をする姿勢を身につけることは、めでたく就職できた後、実務においても大きなアドバンテージになることは間違いないでしょう。実際、採用担当者が就職希望者の履歴書を見る時、資格の専門性や難易度より、資格取得に向け努力したその人自身の姿勢をみている、ということも聞いています。

 数あるパソコン資格の中で、取得者に大きなメリットのあるMOS資格、ぜひトライしてみてください。ハッピーパソコン教室では、初心者から資格取得まで、しっかりサポートしていきます。パソコン学習に関してお悩みのある方は、遠慮せずお気軽にご相談ください。学習スケジュールなども柔軟に対応いたします。お問い合わせお待ちしています。

  >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ






2017年12月29日金曜日

e-ラーニング準備中です

   

自宅でできるパソコン学習

ハッピーパソコン教室では教室に来校していただくフリータイム講座をメインにしています。しかし、基本的にご自分のノートパソコンを持ってきていただくスタイルにしていますので、ノートパソコンを持っていない方には有料でレンタルさせていただくなど、ご不便をおかけしています。

また、来校する時間が取れない、遠くて来校するのが大変、という方もいらっしゃいますので、そういう方々にもなんとか学習機会を作れないかと考えていました。

そこで教室に来なくてもパソコン学習ができるe-ラーニングを来年から導入しようと準備を始めました。

一人で学ぶということ


実は、講師はこれまでパソコン操作やソフトのスキル習得を、どこかの学校や教室に通って学んだことはほとんどありません。気がついたらパソコンで仕事をしていて、仕事の内容に応じてスキルアップの必要があり、その都度自己学習してきました。

参考:講師からみなさまへ(ハッピーパソコン教室HP)

e-ラーニングに対しては、つい最近までその効果についてやや懐疑的であったのですが、自分の経験も重ね合わせ、 自分のペースでじっくりやる方が合っている方もいらっしゃるかなあと考え直してみたのです。

また、WordやExcelを学ぶ目的の一つとして事務系のお仕事に就職したいという方が多いのですが、現場に入って実際に仕事を始めると、ソフトの使い方について引っかかるたびにいちいち周りの先輩に聞くというのはいつまでもできることではありません。課題を自己解決していくスキルも、現場では大切な能力です。

そういう意味では、教室で一から十まで講師の話を聞くという講座スタイルの他に、自己学習、問題解決能力を身につける方法の一つとしてのe-ラーニングもありかな、と思いました。

そこで、どんな手順で教材の手配やサポートを提供していけばよいか検証するために、1月末までの限定でモニターを募集することにしたのです。

e-ラーニングモニター概要

  • 受講できる科目:Word基礎・Excel基礎
  • モニター価格:1科目 6,000円(税込)
  • 受講期間:受講開始日から1か月間
    ※期間中、教室授業1時間およびメールサポート付
  • 性別問わずお申し込みいただけます
<< e-ラーニングモニター募集 詳細 >>

e-ラーニングのメリット


  • 自宅で好きな時間に学習できる
  • 受講期間中、時間制限なしで学習できるので、やればやるほどオトクに
  • 苦手な箇所を繰り返し復習できる
  • 項目ごとの理解度テストで知識が身についたかどうか確認できる
自宅で一人で学習を進めるには、学習意欲の継続と集中する時間の確保が課題となりますが、受講者のみなさんが孤独にならないよう、教室での授業やメールサポートを取り入れていきますので、どうぞご安心ください。

 採用する予定のe-ラーニングシステムは、これまで当教室で使用してきたFOM出版のテキストに準拠した教材です。テキストを合わせて学習に用いていただくと、より多くの学習効果が期待できます。Officeのバージョンも2007~2016と各バージョンに対応していますので、ご自宅のパソコンにインストールされているOfficeに合わせることができます。


ご興味のある方は、ぜひモニターに応募してください。お問い合わせお待ちしております。

2017年11月20日月曜日

サブ講師の極意


集合講習のサブ講師

私は他の組織の講師としてパソコン研修のお仕事に出向くことがあります。ここ2ヶ月ほどで3本のお仕事があり、いずれも20~30人規模の集合研修でした。そこでの立場は「サブ講師」。講習の流れについていけず、遅れてしまう受講者のサポートをするのがサブ講師の主な仕事です。

サブ講師のスキル

前に立って講習時間中ずっと講義をするメイン講師と比べ、サブ講師は用がなければ部屋の後ろで待機しています。インストラクターになりたての人が経験を積むためにサブ講師を任されることもありますが、メイン講師ができるベテランであってもサブ講師に入ることがよくあります。それほどサブ講師の役割は重要なのです。

サブ講師は講習の内容をメイン講師と同じレベルで把握しておく必要があり、講習の流れを妨げないよう、受講者の遅れを取り戻すという役割があります。呼ばれてその人の元に駆けつけるのはもちろんのこと、操作しているパソコンの画面を見ればついていけているかどうか分かりますから、サブ講師の方から声を掛けることもあります。

インストラクターとして駆け出しの頃、先輩インストラクターに教えられたことの一つに「小さな講習会」を作ってはいけない、ということがありました。サポートに熱心になりすぎてメイン講師の話している内容をはずれてしまい、その場所で別の講習会が始まってしまうというものです。サブ講師の役割は徹頭徹尾、メインの流れを維持すること。細かい質問は、休憩時間などにまとめて答えるのがベストです。

インストラクターを目指す方へ

現在の私はハッピーパソコン教室での講師がインストラクターとしての主な仕事になりましたので、 メインとサブの両方を兼ねた存在として受講者のみなさんと接しています。そこにはこれまでのたくさんの集合講習で経験したことが生かされています。

インストラクターになって一番勉強したのは私自身。受講者の方々や先輩インストラクターから教えられたことがたくさんありました。これらを宝物のように大事にして、これからのインストラクションに生かしていきたいと思っています。

もしこのブログをお読みになって、パソコンインストラクターをやってみたいなあと思われた方、ぜひ一度お問い合わせください。講師のお仕事や教えるスキルについてお話しするのはもちろんのこと、教室での授業を実際にやってもらい、経験を積んでいただくこともできます。今回の記事に書いていないインストラクションスキルはまだまだたくさんありますよ。

 未来のインストラクターのみなさん、お目にかかるのを楽しみにしています。


 >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ

>> インストラクター養成講座



2017年7月24日月曜日

Excel関数の学び


Excelの個人レッスン

先日、仕事で使うExcel集計表の作り方について教えて欲しいというご要望で、個人レッスンをさせて頂きました。商品の単価と数量を掛け合わせて見積書や発注書を作るのです。現在使っている実際のExcelファイルを見せて頂いて、より使い勝手のよい集計表に変えていこうという試みでした。

Excel関数 SUMIF


いくつか考えられる集計表の改善点をご提案したのですが、最終的には「SUMIF」という関数を使って目的の数値を求める方法に落ち着きました。

SUMIFについて(SUMIF 関数 - Office サポート - Microsoft)

事務仕事で実際にExcelを使っておられる方でも、関数を自分ではじめから構築するとなるとちょっと・・・という方は意外と多いです。実は、ちょっと前までは講師自身もそうでした。関数の得意な人が組んでくれた関数の数式を見ればなんとなく考え方は分かるのですが、いざ自分で作ろうと思うとなかなかうまくいかなくて・・・。

関数マスターの極意

ハッピーパソコン教室で実施しているExcel基礎講座では、一番やさしい基本関数の、SUM、AVERAGE、COUNT、MAX、MINなどを学びます。関数の学習で一番大切なのは、その計算式によってどんな数値を求めようとしているのか、そのためにはどの数値とどの数値をどう計算すればいいか、という理屈を、自分の頭で考えてみることです。

また、それと同時に、Excelの特徴である「セル」がどんな働きをするのかを、よく理解することがとても大切なのです。実際に手を動かして、時にはうまくいかなくても、そのうまくいかなかった原因を一から考え直して、修正していく。Excelの学びはこの繰り返しです。

関数が苦手という方は、この失敗を繰り返すプロセスを踏まずに、できている数式を丸覚えしようとしていないでしょうか。 一番やさしい基本関数から始めて関数の考え方をしっかり理解していけば、応用関数はその上に積み上げられていきます。

Excelのスキルをもう一段ステップアップしたい方は、ぜひ関数を制して下さい。それは思っているほど難しくはないはずです。ハッピーパソコン教室では、関数だけの学びも大歓迎。ぜひお気軽にご相談下さい。









2017年6月6日火曜日

“好き”を仕事にする



論文抄録のお仕事


5月のワンコイン授業体験会・在宅ワーク入門講座スペシャルで、講師がやっている論文抄録の仕事のお話をさせていただきました。

実際にやっている人から具体的に仕事の内容を聞けるというのは、なかなかないことだと思います。参加された方も興味深く聞いて下さいました。しかし、ほとんどの方は知らない言葉ですよね、“抄録”って。


そもそも、“抄録”ってナニ?


“抄録”とは、学術論文の要点を短くまとめた文章のことです。要約ともいいます。講師はもう20年以上この仕事をしています。論文の分野は医学薬学系。最近は看護や介護、リハビリテーションなども多くなってきました。健康に関するあらゆる分野を手がけています。

発注先からの指示が細かくマニュアルにまとめられており、作業者はその指示にしたがって文章を作っていきます。当然、原文の論文を読んでから作るので、書いてある内容が分からないとまとめることはできません。

最初は講師も書いてある内容を理解するのに苦労しました。でも数をこなし、発注先からのチェックも受けながらですが、だんだん文章の質が上がってきています。

内容の理解と同時に、文章の“構成”にも着目します。学術論文というのはある一定のフォーマットがあって、執筆者はそれにしたがって文章を作ります。“構成”が分かってくると、どの部分を抄録に採用すればいいかがおのずと分かってくるのです。


仕事に必要なスキル



他のどんな仕事でもそうですが、最初は誰でも初心者です。職場の先輩や上司にいろいろ教えられながら、だんだんその仕事の専門家となっていきます。 大学や専門学校などでその分野の専門知識を学んで就職する方も多いですが、実際に職場で仕事をするとなると、学校で学んだようにはいかないものです。

だからこそ、ある程度腰を落ち着けて、1つの職場でじっくりと仕事のスキルを学んで力をつけていくことが本当は必要なのですが、現在の労働環境では、そういかない方も多いですね。パートやアルバイトなどの非正規雇用では、そもそもあまり専門的な仕事は任せられることもなく、勤務時間も少なければ、仕事のスキルはなかなか上がっていかないのが現状です。

では、労働環境が厳しいからスペシャリストになるのはあきらめなければならないのか―。

そんなことはありません。 いえ、もう、みなさんはすでに“スペシャリスト”かもしれないのです。


小さな一歩から大きな仕事に



先日の授業体験会では、例えば子育て中の女性なら、家事や育児の中で身につけたお料理や小物作りのテクニック、忙しい中で効率よく家事をこなすための段取り、PTAやサークル活動のなかで培った案内状や簡単な会計の仕事など、小さな経験がお仕事につながる可能性があります、とお話しいたしました。

そのような一人ひとりの“得意”や“好き”を大切に育てていく時、思いがけないチャンスがめぐって来るかも知れません。 講師の“抄録”のお仕事も、“文章を読むのが好き”から始まった仕事でした。

こうして自分の書きたい文章を書く、ブログももちろん大好きで、そこから始まって、今はホームページ作成のお仕事もできるようになりました。

一番始めに書いたのが LUKEの日記 (楽天ブログ)。読書の感想から始めました。もう13年も続いていて、累計アクセス数16万件を超えています。

みなさんも、ぜひ、小さな一歩を踏み出してみませんか。

ハッピーパソコン教室を、そんな女性のみなさんの伴走者としてご利用いただければ幸いです。思い立ったらぜひお問い合わせ下さい。お待ちしております。


講座スケジュール >>  受講お申込み >>  その他のお問い合せ >>

在宅ワーク入門講座 詳細 >>
 
授業体験会 詳細 >>




2017年5月18日木曜日

昔取った杵柄(きねづか)

昔取った杵柄(きねづか)

このことわざの意味、ご存じですか。
デジタル大辞泉の解説

昔(むかし)取った杵柄(きねづか)

過去に鍛えた腕前。若いころに身につけた技能。「昔取った杵柄で、泳ぎ方に無理がない」

(引用:昔取った杵柄(ムカシトッタキネヅカ)とは - コトバンク


ワンコイン授業体験会にて

なんでいきなりことわざのお話から入ったかというと・・・

5月17日のワンコイン授業体験会は在宅ワーク入門スペシャルとして、普段の体験会と違って在宅ワーク入門講座を中心にお話をさせて頂きました。

体験会が終わり講師が後片付けをしていると、もう少し詳しくお話しを聞きたいと、お一人戻ってこられました。信号待ちをしていたら、やはり聞いておいた方がいいと思い立ったので、とおっしゃっていました。

この方は、実は若かりし頃、 大型汎用コンピュータ関係のお仕事をしていたとのことで、家庭をお持ちになったあとも、関連のお仕事を在宅で請け負っておられたそうです。

それじゃあ、いまさら入門講座なんて必要ないですね。講師よりベテランです(汗;)

でも、新しいシステムがどんどん進化していく中でお仕事が来なくなり、これからどうしようかと悩んでいた時、ハッピーパソコン教室の体験会を知って参加されたとのこと。

「実は、ホームページ製作に関心があるんです。」

その方は、ご自分がなさっているスポーツの記事を簡易ホームページで作っていて、スマホで見せて下さいました。自分の趣味だけじゃなくて、お仕事で作れる程度にレベルアップしたいと。

「なれます、なれます。時間かければ。一度はコンピュータのお仕事をされていたのですから。」



経験している分野を手がかりに、極める


昨年、Word基礎、Excel基礎と続けて学んで下さった30代の方は、独身の時はお客様の予約システムオペレータをされていたそうです。しかし家庭に入りお仕事から離れるとすっかり忘れてしまい、また子どもの手が離れたら事務のお仕事をしたい、そのためのウォーミングアップに、と受講されたとおっしゃっていました。

最初は少し戸惑っていましたがすぐに慣れ、お勤めされていた時はさぞ優秀だったろうなあと感じさせる理解の早さでした。

今は60代以上の方でも、専門職やコンピュータに関わったお仕事の経験がある方は結構いらっしゃいます。

自分の経験したことはずっと昔のことだから役に立たないのでは、と諦めるのはまだ早い。

全くの初心者で一から積み上げるのと違い、経験したことを土台にして進めるので、上達が目に見えて分かりやすいと思います。そうするとさらに上に行ってみたくなる。この勢いさえつけば、あとは自力で昇っていけるのです。


ハッピーパソコン教室では、年齢によって授業内容を制限することは決してありません。いまや人生90年、100年の時代です。パソコンのことでチャレンジしたいことがあったら、年齢に関係なく、どうぞお気軽にご相談下さい。お問い合わせお待ちしております。


ハッピーパソコン教室へのお問い合せ >>