2017年11月20日月曜日

サブ講師の極意


集合講習のサブ講師

私は他の組織の講師として他のパソコン研修のお仕事に出向くことがあります。ここ2ヶ月ほどで3本のお仕事があり、いずれも20~30人規模の集合研修でした。そこでの立場は「サブ講師」。講習の流れについていけず、遅れてしまう受講者のサポートをするのがサブ講師の主な仕事です。

サブ講師のスキル

前に立って講習時間中ずっと講義をするメイン講師と比べ、サブ講師は用がなければ部屋の後ろで待機しています。インストラクターになりたての人が経験を積むためにサブ講師を任されることもありますが、メイン講師ができるベテランであってもサブ講師に入ることがよくあります。それほどサブ講師の役割は重要なのです。

サブ講師は講習の内容をメイン講師と同じレベルで把握しておく必要があり、講習の流れを妨げないよう、受講者の遅れを取り戻すという役割があります。呼ばれてその人の元に駆けつけるのはもちろんのこと、操作しているパソコンの画面を見ればついていけているかどうか分かりますから、サブ講師の方から声を掛けることもあります。

インストラクターとして駆け出しの頃、先輩インストラクターに教えられたことの一つに「小さな講習会」を作ってはいけない、ということがありました。サポートに熱心になりすぎてメイン講師の話している内容をはずれてしまい、その場所で別の講習会が始まってしまうというものです。サブ講師の役割は徹頭徹尾、メインの流れを維持すること。細かい質問は、休憩時間などにまとめて答えるのがベストです。

インストラクターを目指す方へ

現在の私はハッピーパソコン教室での講師がインストラクターとしての主な仕事になりましたので、 メインとサブの両方を兼ねた存在として受講者のみなさんと接しています。そこにはこれまでのたくさんの集合講習で経験したことが生かされています。

インストラクターになって一番勉強したのは私自身。受講者の方々や先輩インストラクターから教えられたことがたくさんありました。これらを宝物のように大事にして、これからのインストラクションに生かしていきたいと思っています。

もしこのブログをお読みになって、パソコンインストラクターをやってみたいなあと思われた方、ぜひ一度お問い合わせください。講師のお仕事や教えるスキルについてお話しするのはもちろんのこと、教室での授業を実際にやってもらい、経験を積んでいただくこともできます。今回の記事に書いていないインストラクションスキルはまだまだたくさんありますよ。

 未来のインストラクターのみなさん、お目にかかるのを楽しみにしています。


 >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ

>> インストラクター養成講座



2017年7月24日月曜日

Excel関数の学び


Excelの個人レッスン

先日、仕事で使うExcel集計表の作り方について教えて欲しいというご要望で、個人レッスンをさせて頂きました。商品の単価と数量を掛け合わせて見積書や発注書を作るのです。現在使っている実際のExcelファイルを見せて頂いて、より使い勝手のよい集計表に変えていこうという試みでした。

Excel関数 SUMIF


いくつか考えられる集計表の改善点をご提案したのですが、最終的には「SUMIF」という関数を使って目的の数値を求める方法に落ち着きました。

SUMIFについて(SUMIF 関数 - Office サポート - Microsoft)

事務仕事で実際にExcelを使っておられる方でも、関数を自分ではじめから構築するとなるとちょっと・・・という方は意外と多いです。実は、ちょっと前までは講師自身もそうでした。関数の得意な人が組んでくれた関数の数式を見ればなんとなく考え方は分かるのですが、いざ自分で作ろうと思うとなかなかうまくいかなくて・・・。

関数マスターの極意

ハッピーパソコン教室で実施しているExcel基礎講座では、一番やさしい基本関数の、SUM、AVERAGE、COUNT、MAX、MINなどを学びます。関数の学習で一番大切なのは、その計算式によってどんな数値を求めようとしているのか、そのためにはどの数値とどの数値をどう計算すればいいか、という理屈を、自分の頭で考えてみることです。

また、それと同時に、Excelの特徴である「セル」がどんな働きをするのかを、よく理解することがとても大切なのです。実際に手を動かして、時にはうまくいかなくても、そのうまくいかなかった原因を一から考え直して、修正していく。Excelの学びはこの繰り返しです。

関数が苦手という方は、この失敗を繰り返すプロセスを踏まずに、できている数式を丸覚えしようとしていないでしょうか。 一番やさしい基本関数から始めて関数の考え方をしっかり理解していけば、応用関数はその上に積み上げられていきます。

Excelのスキルをもう一段ステップアップしたい方は、ぜひ関数を制して下さい。それは思っているほど難しくはないはずです。ハッピーパソコン教室では、関数だけの学びも大歓迎。ぜひお気軽にご相談下さい。









2017年6月6日火曜日

“好き”を仕事にする



論文抄録のお仕事


5月のワンコイン授業体験会・在宅ワーク入門講座スペシャルで、講師がやっている論文抄録の仕事のお話をさせていただきました。

実際にやっている人から具体的に仕事の内容を聞けるというのは、なかなかないことだと思います。参加された方も興味深く聞いて下さいました。しかし、ほとんどの方は知らない言葉ですよね、“抄録”って。


そもそも、“抄録”ってナニ?


“抄録”とは、学術論文の要点を短くまとめた文章のことです。要約ともいいます。講師はもう20年以上この仕事をしています。論文の分野は医学薬学系。最近は看護や介護、リハビリテーションなども多くなってきました。健康に関するあらゆる分野を手がけています。

発注先からの指示が細かくマニュアルにまとめられており、作業者はその指示にしたがって文章を作っていきます。当然、原文の論文を読んでから作るので、書いてある内容が分からないとまとめることはできません。

最初は講師も書いてある内容を理解するのに苦労しました。でも数をこなし、発注先からのチェックも受けながらですが、だんだん文章の質が上がってきています。

内容の理解と同時に、文章の“構成”にも着目します。学術論文というのはある一定のフォーマットがあって、執筆者はそれにしたがって文章を作ります。“構成”が分かってくると、どの部分を抄録に採用すればいいかがおのずと分かってくるのです。


仕事に必要なスキル



他のどんな仕事でもそうですが、最初は誰でも初心者です。職場の先輩や上司にいろいろ教えられながら、だんだんその仕事の専門家となっていきます。 大学や専門学校などでその分野の専門知識を学んで就職する方も多いですが、実際に職場で仕事をするとなると、学校で学んだようにはいかないものです。

だからこそ、ある程度腰を落ち着けて、1つの職場でじっくりと仕事のスキルを学んで力をつけていくことが本当は必要なのですが、現在の労働環境では、そういかない方も多いですね。パートやアルバイトなどの非正規雇用では、そもそもあまり専門的な仕事は任せられることもなく、勤務時間も少なければ、仕事のスキルはなかなか上がっていかないのが現状です。

では、労働環境が厳しいからスペシャリストになるのはあきらめなければならないのか―。

そんなことはありません。 いえ、もう、みなさんはすでに“スペシャリスト”かもしれないのです。


小さな一歩から大きな仕事に



先日の授業体験会では、例えば子育て中の女性なら、家事や育児の中で身につけたお料理や小物作りのテクニック、忙しい中で効率よく家事をこなすための段取り、PTAやサークル活動のなかで培った案内状や簡単な会計の仕事など、小さな経験がお仕事につながる可能性があります、とお話しいたしました。

そのような一人ひとりの“得意”や“好き”を大切に育てていく時、思いがけないチャンスがめぐって来るかも知れません。 講師の“抄録”のお仕事も、“文章を読むのが好き”から始まった仕事でした。

こうして自分の書きたい文章を書く、ブログももちろん大好きで、そこから始まって、今はホームページ作成のお仕事もできるようになりました。

一番始めに書いたのが LUKEの日記 (楽天ブログ)。読書の感想から始めました。もう13年も続いていて、累計アクセス数16万件を超えています。

みなさんも、ぜひ、小さな一歩を踏み出してみませんか。

ハッピーパソコン教室を、そんな女性のみなさんの伴走者としてご利用いただければ幸いです。思い立ったらぜひお問い合わせ下さい。お待ちしております。


講座スケジュール >>  受講お申込み >>  その他のお問い合せ >>

在宅ワーク入門講座 詳細 >>
 
授業体験会 詳細 >>




2017年5月18日木曜日

昔取った杵柄(きねづか)

昔取った杵柄(きねづか)

このことわざの意味、ご存じですか。
デジタル大辞泉の解説

昔(むかし)取った杵柄(きねづか)

過去に鍛えた腕前。若いころに身につけた技能。「昔取った杵柄で、泳ぎ方に無理がない」

(引用:昔取った杵柄(ムカシトッタキネヅカ)とは - コトバンク


ワンコイン授業体験会にて

なんでいきなりことわざのお話から入ったかというと・・・

5月17日のワンコイン授業体験会は在宅ワーク入門スペシャルとして、普段の体験会と違って在宅ワーク入門講座を中心にお話をさせて頂きました。

体験会が終わり講師が後片付けをしていると、もう少し詳しくお話しを聞きたいと、お一人戻ってこられました。信号待ちをしていたら、やはり聞いておいた方がいいと思い立ったので、とおっしゃっていました。

この方は、実は若かりし頃、 大型汎用コンピュータ関係のお仕事をしていたとのことで、家庭をお持ちになったあとも、関連のお仕事を在宅で請け負っておられたそうです。

それじゃあ、いまさら入門講座なんて必要ないですね。講師よりベテランです(汗;)

でも、新しいシステムがどんどん進化していく中でお仕事が来なくなり、これからどうしようかと悩んでいた時、ハッピーパソコン教室の体験会を知って参加されたとのこと。

「実は、ホームページ製作に関心があるんです。」

その方は、ご自分がなさっているスポーツの記事を簡易ホームページで作っていて、スマホで見せて下さいました。自分の趣味だけじゃなくて、お仕事で作れる程度にレベルアップしたいと。

「なれます、なれます。時間かければ。一度はコンピュータのお仕事をされていたのですから。」



経験している分野を手がかりに、極める


昨年、Word基礎、Excel基礎と続けて学んで下さった30代の方は、独身の時はお客様の予約システムオペレータをされていたそうです。しかし家庭に入りお仕事から離れるとすっかり忘れてしまい、また子どもの手が離れたら事務のお仕事をしたい、そのためのウォーミングアップに、と受講されたとおっしゃっていました。

最初は少し戸惑っていましたがすぐに慣れ、お勤めされていた時はさぞ優秀だったろうなあと感じさせる理解の早さでした。

今は60代以上の方でも、専門職やコンピュータに関わったお仕事の経験がある方は結構いらっしゃいます。

自分の経験したことはずっと昔のことだから役に立たないのでは、と諦めるのはまだ早い。

全くの初心者で一から積み上げるのと違い、経験したことを土台にして進めるので、上達が目に見えて分かりやすいと思います。そうするとさらに上に行ってみたくなる。この勢いさえつけば、あとは自力で昇っていけるのです。


ハッピーパソコン教室では、年齢によって授業内容を制限することは決してありません。いまや人生90年、100年の時代です。パソコンのことでチャレンジしたいことがあったら、年齢に関係なく、どうぞお気軽にご相談下さい。お問い合わせお待ちしております。


ハッピーパソコン教室へのお問い合せ >>



2017年4月28日金曜日

"在宅ワーク入門講座"とは


「在宅ワーク」で検索すると

「在宅ワーク」で検索すると、実にたくさんのお仕事が出てきます。大企業の社員向け在宅勤務の取り組み、求人サイトの在宅作業員募集の記事、「初心者でも簡単に出来る」がうたい文句のサイト記事ライター請負業務、など。この記事を読んでいるみなさんは、「在宅ワーク」という言葉からどんなお仕事を思い浮かべるでしょうか。

「在宅」=「簡単」?

ちょっとまえに、このブログで「在宅ライターのお仕事」という記事を書きました。

「在宅ワーク」というと、家事・育児をしながら自宅で収入が得られるということから、お仕事自体が「単純で簡単」というイメージを持たれがちです。しかし、実際には既にある程度自立して仕事ができる一定のスキルがあり、かつ、集中して要求される仕事量をこなす時間が確保できることが求められます。

もし、片手間でなんとなく仕事ができるというあいまいなイメージしか持てていない場合は、在宅ワークのお仕事に応募するのはまだ早いと思います。むしろ、かつてどこかの会社にお勤めし、いちいち上司から指示されなくても自立した仕事ができていた、という経験がある方は、在宅ワークにおいてもうまくいく可能性が高いです。

ようするに、初めて経験する仕事はどんなことでも一定のスキル習得まで時間がかかること、そして仕事のスキルが上がれば、お勤めでも在宅でもうまくできるようになるということです。


仕事を発注する側の意識

お勤めの場合は、その会社と雇用契約を結んで働くことになりますから、月給、日給、時間給など一定の賃金があらかじめ定められます。しかし、在宅ワークの場合は、その多くが請負契約、すなわち仕事ごとに契約を結びます。仕事量によって数日で終わる場合もあれば、年単位の契約になることもあります。

在宅での請負業務を発注する会社は、人を雇用するほどの仕事量がいつでもあるわけではないが、時々仕事量が急に増えるといった時に、請負ってくれる人を使いたいと考えるのです。なので「こういう仕事をして欲しい」という指示はありますが、いちいち仕事の仕方まで教えてくれません。仕事を実行するスキルは、請け負う人自身があらかじめ持っていなければならないのです。

在宅ワーク入門講座で学べること

ハッピーパソコン教室の在宅ワーク入門講座では、ネット記事のライティング、翻訳、論文要約、ホームページ作成といった、講師がこれまで経験してきた在宅ワークのお仕事内容を紹介し、それらのお仕事を受注するために必要なスキルについて学びます。

入門講座ですので実際にお仕事を請けられるまでのサポートはできませんが、在宅ワークをやってみたい方が、ご自分がどこに向かって努力するべきかの道しるべになれたらと思っています。

本講座の受講はお仕事の受注を保障するものではありません。また、講座内で提供するお仕事情報の信頼性については、受講者の方個人の判断にお任せいたします。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

「在宅ワーク入門」ワンコイン授業体験会

次回のワンコイン授業体験会は、在宅ワーク入門の体験です。どんな内容を学ぶのかご興味のある方はぜひお越し下さい。

 

「在宅ワーク入門」ワンコイン授業体験会


5月17日(水) 10:00~10:45  定員5名 参加費500円
※ノートパソコンがある方はご持参下さい。なくても参加できます。










2017年3月23日木曜日

PowerPointのフリータイムレッスン

PowerPoint 習得のコツ

 

2時間でできた!発表時間5分のスライド


昨日、PowerPointのフリータイムレッスンがありました。

受講の目的は、地域の活動の発表に必要なスライドを作るためです。

2時間の授業の中で実施した内容はだいたい次の通り。

発表内容の整理と構成・・・1時間
スライド作成の実技・・・50分
    (新しいスライドの追加、テキスト入力、オブジェクトの作成、写真やイラストの挿入など)

発表時間は5分とのこと。そこから必要なスライド枚数を割り出しました。

そして2時間で、5分の話に必要なスライドができちゃいました。

PowerPointを使う目的

昨日の生徒さんは、PowerPointはまったくの初心者。
WordやExcelは基本的なことができる方です。

それでも2時間で出来上がったワケは―

与えられた時間の半分を内容の整理に当てる―

これが講師が考えるPowerPointの習得のコツです。

発表にPowerPointで作ったスライドを使う時、
どんな目的で使うのでしょうね。

写真を見せるため?
資料を見せるため?

話と同じ内容を文章や箇条書きでスライドに書く人もいます。

そのスライドを映すスクリーンはどんな大きさ?
会場の広さは?
何人ぐらいの聴衆がいるのでしょう?

その話に興味がある人が多いですか?
それとも、義務感で出席してたり、批判的な人が多い?

こんなふうに、実際スライドを使うシチュエーションを具体的に考えると
スライドに入れる内容、順序、枚数が決まってきます。

まず手を動かしてみよう

PowerPointだけでなく、WordやExcelも同じなのですが、
パソコンに入力する前に、
まず手書きで大まかに作成する文書の内容を書き出してみましょう。

昨日の授業でも、どんな内容にするか、
生徒さんと講師でいろいろ話しながら、下書きが出来上がっていきました。

そこまでできたらもうあと少し。

パソコンが苦手な人の記事でも書いたのですが、
操作がまだ慣れていない人は、下書きをつくるのをサボらないこと。

特に、PowerPointのスライドは
原則、人前で発表する時に使うものです。

聞く人、見る人の立場にならないとうまく作れません。
作る作業に夢中になりすぎないように、気をつけて下さいね。


---------------

PowerPointの使い方を基礎から学びたい方、
魅せるスライドを作りたい方は、
ぜひハッピーパソコン教室へお問い合わせ下さい。

フリータイムレッスンは、1人、1時間から受講できます。
(チケットの事前購入が必要です)

お待ちしています。



>> 受講申し込み

>> その他のお問い合せ




2017年3月2日木曜日

SNSの功罪

SNSは善か悪か

あるオーナーの悩み

先日、ある方からご相談がありました。

その方はお店を経営している女性オーナーなのですが、
SNSのために、お店が大変なコトになってしまったそうです。

そのお店の商品がとても評判になり、来店客が相当増えてきたとのこと。
普通なら、とってもいいことだと思いますよね。

 しかし、そのお客様たちのほとんどが、
SNSでその人気商品の写真を共有するだけのために殺到し大混雑。

そのオーナーさんはお店のあり方にとてもこだわりを持っていて、
お客様には静かな雰囲気でゆったりと過ごして欲しいのに、と、
嘆いていました。

ほんとうに共有する相手は?

もちろん、SNSをどう使うかは個人の自由です。
いいお店、いい商品を見つけたら友だちに紹介したくなりますよね。

でも、写真をパシャパシャ撮る前に、ちょっと考えてみて下さい。

その商品は誰が作ったものですか?
そのお店は誰が運営しているのでしょうか?

誰かが思いを込めて作った商品や、しつらえた場所について
少しだけ、落ち着いて考えをめぐらしてみませんか?

みなさんが写真を撮りたいと思った、友だちと共有したいと思った、
その感動を、まずはお店のオーナーさんに伝えてみてはどうでしょう?

そう、これも「共有」なんですよね。誰と共有するか、とても大事なことです。

人と人とのつながり

私は、このオーナーさんはすごいなと思いました。
なぜなら、来客が増えることよりも「お店の価値」を優先したからです。

商品に人気が出て追われるようにどんどん忙しくなった結果、
商品の質が維持できなくなり、結局はお店や会社を続けられなくなった、
というのはよく聞く話です。

SNSで楽しい話題や写真を共有し、人気が出てたくさん友だちができた。
「いいね!」の数、フォロワーや友だちの数もどんどん増えている。

でも、その中で本当に親しい人はどのくらいいるでしょうか。

相談をして下さったオーナーさんとは、
最初にホームページ開設のお手伝いをしてから
もう5年以上の長いお付き合いです。

いつも一緒にお仕事をしている訳ではないけれど、
大事な時には思い出してもらえる。

そういう関係はいいな、と思います。

ハッピーパソコン教室のレッスンもそうありたい。

受講生のみなさんが、パソコンを使えるようになって
笑顔で生き生きと活躍できるような授業をしていきたい。

そう思っています。

  • 実務のパソコンスキルをしっかり身につけたい方
  • パソコン学習を途中で挫折してしまった方

ぜひ、一度お問い合わせ下さい。ご来校、心よりお待ちしています。